Indueris(インドゥエリス)

Bella Luna ベッラ ルナ  ”美しい月”

Follow Me

2017.09.5

秋の月は美しい。そしてミステリアス。

 

空気中の水蒸気が少なくなり、また秋の月の高さが丁度よく、

これによって月がくっきり美しく見えるそうだ。

 

先日の、眞子さまと小室圭さんの婚約発表。

お互いを月と太陽に例え、とても心に残る会見でした。

私も美しい月に出会えた夜はとても嬉しくなる。

太陽は見つめるのは危険!だが、月はづっとでも見ていられる。

 

プラダが持っているヨット、名前を ”Luna rossa ” ルナロッサ 赤い月。

1950年に作られた カンツォーネ.ナポリターナ” LUNA ROSSA “から命名されたそう。

 

2015年4月3日に見られた LUNA  ROSSA

地球を挟んで、太陽と月がい直線に並んだ時の皆既月食で見える赤い月。

 

シチリアの月

 

数年前、8月のバカンスでシチリアに行った時、あまりに大きな月でびっくりした事がある。

夏は月の位置が低くなるそうで、また乾燥した大氣の中でより大きく見えたのかもしれない。

 

月がどうやって生まれたか。。

一つは、月と地球が同時に生まれた双子説。

次に、地球に彗星がぶつかり、地球の一部が飛び出した説。

しかし、アポロ宇宙船が月から持ち帰った石を調べたところ、

地球は47億年前に、月は53億年前にできていた事がわかり、二つの説は消えたそうです。

もう一つが、一万数千年前に遠くからやって来た彗星が異常接近し、

彗星の周囲にあった氷が太陽の熱で溶かされ水となった。

そして地球の重力で引っ張られ、現在の地球の水量の1/3 に当たる大量の水が

地球に降り注いだ。

更に増した重力に引っ張られ、彗星が地球の周りを回り始めたと言う説。

これは、シュメールの洪水神話、そしてギルガメシュ叙事詩、と代々受け継がれた

旧約聖書の創世記 ノアの箱舟伝説 の様ですね。

 

なんとこの現象を見て来た人が居るのです!!

彗星探索家の 木内 鶴彦氏。

何度も死にかけた、、のでは無く、死を体験し、その都度何かを思い浮かべた途端に

タイムトラベラーの様に、地球の始まりやエジプトのピラミッド建設や様々な事象を

目の当たりにした人だ。

 

時代が進めば、彼が見て来た事の真実性が解明される日も近いでしょう。

それにしても、ミステリアス!!ですね。

ご興味のある方は

物理学教授 保江邦夫氏 と 元那覇地方裁判所判事 稲葉 椰季(やすえ)氏

による ”神と人をつなぐ 宇宙の大法則” をご一読下さい。

 

そして身体にも深く影響する月の満ち欠けは、出産や様々な影響を受ける、

満月は栄養も吸収しやすく、秘められた力が発揮できる。

新月は、浄化作用が高まり、デットクスを始めるのに良いそうだ。

不要なものを手放し、心の整理をしたり。

つい忘れてしまいますが、月の満ち欠けのバイオリズムを知っていれば

日常の生活にも色々と役立ちます。

 

2万年前には無かった月。

月が無いなんて想像もつきません。

沢山の物語を産み出し、時代が変わっても魅了される存在ですね。