Indueris(インドゥエリス)

2018.03.24

新緑の季節に楽しみたい装い

美しいグリーンのグラデーションが重なり織り上げられた

シルクジャージーのドレスに、

鹿の子編みのロングカーディーが風になびきます。

 

バック  falor社

 

 

 

鹿の子編み、イタリア語ではPUNTO DI RISO  プントディリゾ

お米の先が並んだように、立体感のある編み と呼ばれています。

お国が変われば、表現の仕方も様々。

イタリア製のこのロングカーディー、糸はイタリア、カリアッジ社のカシミヤシルク、

そしてニットを編んでいるのは、日本の島精機社のホールガーメント機。

無縫製で編み上げられたニットは、身体に自然と寄り添い

着ている事すら感じさせない羽衣のようです。

 

 

小さくスクエアーカットされた白蝶貝、あこや貝でナチュラルで

優しい色合いのネックレス。リボンを外せばブローチになる。

ミラノにアトリエを持つUNGAR 社製